現在、検索キーワード「多数決」でGoogle検索するとトップに出るのが、このミュージックビデオである。
正直、amazarashiというバンドは全く知らなかったし、マイナーな曲があるな・・くらいにしか思ってなかった。

だけどどうしてか、気になった。

「多数決」っていう検索ワードで1位に、ミュージックビデオが来てるって少し尋常じゃない気がするのだ。
普通、こういうワードの1位はWikipediaだ。

相当な人気がある曲ではないのかと、実際再生回数を見ると、350万回。
そこそこ人気のようだ。

なので聴いてみた。なんだろう、この深い感じは。
「賛成か 反対か 是非を問う 挙手を願う」 というサビ。
この歌詞に共感しない人っているのだろうか。

「我々は多数決から逃れられない世界に生きている。
少数派になると踏みつぶされる。だから皆、多数派になろうとする。
・・そんな世界でいいのか??」

そんな魂の叫びを歌った曲である。
多数決.com」のテーマソングにさせて頂きたい名曲である。

え、「多数決.com」は真逆に多数決を賛美しているサイトじゃないかって?

もちろんそうだ。多数決を可能な限り効率的に、フェアに実行できるシステムを作ったつもりだ。

でも、多数決は賛美しても、多数派は賛美していない。

議論の末に多数決をやるよりは余程、参加者が自分の意見を貫いて投票しやすいサイトだと思う。

多数派が常に正しいとは限らない。
結果として少数派が正しかった時は、その人達の信用をあげることができるだろう。

多数決.com」を使えば、少数派になるリスクがあっても、堂々と自分の意見に投票できるようになるはずだ。

多数決.comで、堂々と、「賛成か 反対か 是非を問う 挙手を願う」。

nook

カテゴリー: その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です